一重の目力アップ!目指せ、オリエンタル・ビューティ!!

一重はオリエンタル・ビューティの象徴!

一重の人は日本人には多くいます。外国人のようなハッキリとした二重は日本人にはあまりいません。しかし、メイクを映えさせるためには二重がいいし、二重のほうが目が大きく見えて可愛いし・・・そんな風に思って一重であることをコンプレックスに感じている方はいませんか?アイプチを毎日したり、美容整形で二重にしようかと悩んでいる人もいるはず。一重は外国ではオリエンタル・ビューティの象徴です。決してコンプレックスに感じる必要はありません。一重であることに自信を持ちましょう。そこで一重を活かすメイク術をご紹介します。

キリッとした目元の造り方

アイメイクの手順は、アイライン→アイシャドウ→ビューラー→マスカラの順番です。一重の人はアイラインを引いても目立ちません。そのため、アイラインは太めに、目頭や目尻は長めに引きます。アイラインを目立たせることでキリッとした一重の魅力がアップされます。色は自然にしたい場合はブラウン、くっきりさせたいならブラックが良いでしょう。アイシャドウは肌色系はNGです!腫れぼったい目になってしまいます。ブラウンやブルー、グリーンがおすすめです。明るい色にしたいならば、赤すぎないオレンジです。寒色系のほうが一重に向いています。二重の方のように塗りすぎずに陰影をつけるように塗りましょう。

マスカラは厚塗り、まつげはしっかり上向きに!

マスカラは普通に塗ってもなかなか目立ちません。ここは重ね塗りをして、しっかりと付けることが重要です!マスカラ下地を使用してボリュームアップしてからマスカラをダマにならないように塗りましょう。ビューラーは角度を付けてカールをさせ、30秒ほど抑えたままで待ちます。一重はまつげが上がりにくいので、しっかりとビューラーで形作りましょう。一重をコンプレックスと捉えず、個性として活かすメイクにぜひチャレンジしてみましょう!

コスメを購入したいなら通信販売がおすすめです。価格や分量、性能を見比べながら注文できますし、自宅まで届けてもらえるからです。