心臓病を予防するために気をつけたいこと!!

食べる時に注意したいこと!!

近年、増加している生活習慣病の一つの心臓病は生活習慣の乱れが原因で起こってしまう危険があります。そのために普段の日常生活に気を使うことがとても大切ですよ。この記事では心臓病を予防するために気をつけたいことを紹介します。食事をする時は食べ方に気を使うことがとても大切です。一口食べたら、良く噛むことを心がけること、夜遅くに食べたりアルコールやラーメンを食べることも避けましょう。また、同じ時間に規則正しく食事をすることも大切ですよ。

食事は栄養面を考えた献立を!!

偏った食生活を続けていると、身体に負担がかかり、心臓病のリスクも高まってしまいます。そのために栄養面を考慮した献立を考えることがとても大切ですよ。適正な体重を知り、一日のカロリーを守るようにしてください。また、塩分は控え、だしを上手に活用し薄味のメニューを考えましょう。緑黄色野菜は毎日摂取し、外食は控えることがとても大切ですね。血管を強くするアジやサバ、にんにくや玉ねぎ、セロリや貝類などを積極的に食べても良いですね。

ストレスを溜めすぎずリラックスした生活を送る!!

仕事や家事などでストレスを感じている方も多いと思います。実はストレスは心臓病のリスクを高める原因となってしまいます。過度のストレスによって心臓が収縮を促すような動きをしてしまう可能性があるのです。そのために日頃からストレスを解消する方法を身に付けておくことがとても大切です。ゆっくり音楽を聞きながら入浴をしたり、趣味を持ったり、家族と話す時間を作ることで、ストレスも解消することができますよ。自分に合った「ストレス解消法」が見つかると良いですね。

僧帽弁閉鎖不全症になると血液がきちんと一方通行しなくなってしまい、左心室から左心房へ血液が逆流してしまいます。